労働や賃金について

春季生活闘争

春季生活闘争とは

労働組合にとって、一年で一番大きな闘いが「春季生活闘争」です。マスコミ報道など一般では「春闘」と呼ばれています。日本では、春を新年度のはじまりにする慣例があります。新入社員が入ってきたり、お給料が上がったりするのが4月です。そこで2月から3月にかけて、新しい給料になるまえに、労働組合が「給料を上げてほしい」「労働時間を短くしてほしい」といった、いろいろな労働条件について要求を出して会社と交渉します。それが、生活改善のための春の闘い、すなわち春闘(通称)なのです。

連合広島の役割

連合広島では、毎年12月に春季生活闘争本部を設置して、各組合の春闘情報を収集したり、メールや会議等で情報を提供しています。

連合広島の主な取り組み

12月
春季生活闘争本部の設置
春季生活闘争方針決定
1月
春季生活闘争講座
2月
春季生活闘争構成組織担当者会議
春季生活闘争・経済団体への要請行動
春季生活闘争地場・中小労組対話集会
3月
春季生活闘争総決起集会
春季生活闘争・労働局への要請行動
4月
春季生活闘争地場・中小労組解決の取り組み

7月

春季生活闘争最終まとめ


ページの先頭に戻る