連合広島ニュース

クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン~ STOP!長時間労働 ~

投稿日:2017年5月30日 | カテゴリー:連合広島ニュース

3月28日(火)開催の働き方改革実現会議において「働き方改革実行計画」が決定され、19の改革項目とロードマップが示されました。その中でも長時間労働の是正については、連合がこれまで求めてきた罰則付き時間外労働規制の導入という大改革が行われることになったものの、その実効性を担保するためには、36協定の周知徹底・適正な締結が必要です。

連合は働く上で重要となる労働時間や36協定について基本的な項目をまとめたハンドブック「0(ゼロ)から始める36協定ハンドブック」を作成しましたので、ご確認ください!

「0(ゼロ)から始める36協定ハンドブック」はこちらから⇒「0(ゼロ)からはじめる36協定ハンドブック」











36協定を締結しないとどうなるの?

36協定を締結せずに残業や休日労働をさせた場合、労働基準法違反となり、使用者に6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。


《36協定締結の有無》










出所:厚生労働省「H25年度労働時間等総合実態調査」




《県内各地で街頭アンケートを実施》


はい

いいえ

1日8時間、週40時間を超えて働くことがありますか?

56.9%

43.1%

36協定をご存知ですか?

54.8%

45.2%

勤務間インターバル規制をご存知ですか?

16.9%

83.1%

有給休暇は取りたい時に取れますか?

60.1%

39.9%
















連合広島ニュース