連合広島ニュース

核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現を求めて「2013平和行動 in 広島」を開催しました。

投稿日:2013年8月6日 | カテゴリー:連合広島ニュース

「連合2013平和広島集会」

連合は8月5日、約2,000人が参加のもと、「連合2013平和広島集会」を原水禁および核禁会議と共催で開催しました。

南雲事務局長挨拶主催者を代表して連合・南雲事務局長は、「原爆投下から68年が経過したが、現在も、後遺症により多くの人々が苦しんでいる。このような兵器が現在も18,000発も存在している。私たちは、核兵器による悲惨な被害が二度と起こらないよう『核兵器の実験即時中止』、『核兵器の廃絶』に向けて、引き続き国際労働組合総連合(ITUC)や、多くのNGOと連携し、2015年NPT再検討会議で実効ある内容となるよう取り組んでいく。」と挨拶しました。

来賓として地元自治体より、広島県・中下善昭副知事、広島市・及川享市民局長にご臨席いただき、それぞれより挨拶を受けました。


中下広島県副知事



及川広島市市民局長









海外来賓のITUC・イザベル・ホファリンさんは、「持続可能な平和と民主主義を保障するとともに社会的不公正に終止符を打ち、核兵器なき世界を実現しうる政策を要求していく。」と力強く語りました。

今年は、広島県原爆被害者団体協議会の坪井 直理事長より「被爆体験の証言」として講演を受けました。坪井理事長は「どんな理由があろうとも、人が人の命を奪うことは許されない。人の命の重みは誰もが同じ。人の命を取り合う戦争は到底許されない。一度に多くの人々の命を奪う核兵器は、絶対許されない。」と訴えました。


イザベル・ホファリン副書記長室業務担当



坪井被団協理事長









平和行動を繋ぐ「ピースリレー」は、石井・連合広島会長から、次の平和行動開催地、連合長崎の宮崎・事務局長へピースフラッグが引き継がれました。


大会の締めくくりとして「平和アピール」を、池田・連合広島女性委員会委員長が提案し、満場一致で採択しました。最後は参加者による『原爆を許すまじ』を合唱し、閉会しました。


池田女性委員会委員長



原爆を許すまじ









「ピースウォーク」「被爆路面電車・乗車学習会」

集会に先駆けて、広島平和記念公園内の慰霊碑巡り「ピースウォーク」と、被爆した路面電車で被爆建物等を巡る「被爆路面電車・乗車学習会」を実施しました。連合広島青年委員会と女性委員会メンバーが「ピースガイド」として全国からの参加者を案内しました。










「平和の光」

「なくそう核兵器」、「世界に平和を」をスローガンに、原爆ドームを参加者で囲む「平和の光」の取り組みを実施しました。

連合広島ニュース