連合広島ニュース

「働く女性応援隊ひろしま」が結成され、連合広島もこの活動に参画します

投稿日:2014年4月10日 | カテゴリー:連合広島ニュース

女性の働きやすさ日本一をめざし、広島県内の経済団体、労働団体、行政により構成する「働く女性応援隊ひろしま」が立ち上げられ、その結成式が4月10日に開催されました。連合広島も結成の趣旨に賛同し、その活動に協力をしていきます。


「働く女性応援隊ひろしま」には、経済団体、労働団体、行政の35団体により結成され、『女性が働きやすい・活躍しやすい環境』をめざすこととしています。

少子高齢化で労働力人口の減少が懸念される中で、女性が活躍できる環境を整備していくことは、人材の確保と経済の活性化の観点から重要なことです。


応援隊代表を務める広島商工会議所連合会の深山会頭から、「女性は依然として仕事と家庭の両立の負担が大きい。環境を整備して女性の働きやすさ日本一の広島県をめざす」と挨拶がありました。

また、連合広島の石井会長は「連合も『働きがいのあるディーセント・ワークの実現と女性の活躍促進』『仕事と生活の調和』を掲げ、男女平等参画の運動を進めていくこととしている。女性の社会進出に向けた実効性ある手法を取り入れ、社会運動を広げていきたい。」と決意を述べました。

今後は、8月にシンポジウム、9月に研修会が予定されており、連合広島として積極的に取り組みますので、皆さまのご理解・ご協力をお願いします。


「働く女性応援隊ひろしま」宣言はこちらから⇒「働く女性応援隊ひろしま」宣言

















連合広島ニュース