西部ブロック

第85回芸北地域メーデーを開催しました!

投稿日:2014年4月26日 | カテゴリー:西部ブロック

4月26日(土)、安芸高田市民文化センター クリスタルアージョにて、第85回芸北地域メーデーを開催しました。


当日は来賓として、地元の安芸高田市浜田市長をはじめ、森本参議院議員杉浦秘書、自治労安芸高田市職労玉井執行委員長、連合広島推薦の地元議員である安芸高田市議会金行議員、同じく宍戸議員、北広島町議会梅尾議員、安芸太田町議会冨永議員の計7名の出席をいただき、芸北地域の労働者とその家族300名余りが一堂に集い、盛大に式典を開催しました。


来賓のあいさつでは、アベノミクスで大手企業のベースアップ等による景気回復を盛んにマスコミは報道しているが、芸北地域は過疎・中山間地域であり中小零細企業が多く、景気回復の実感は乏しく、消費増税やその他の生活関連費の総値上げにより生活は依然厳しいままである。暮らしの底上げのために連合として我々は一致団結して取り組もうということや、近隣諸国との領土問題等、恒久平和を脅かす問題が表面化してきており、今こそ被爆地ヒロシマから恒久平和を訴えていこうということなどが呼びかけられました。


メーデー特別決議、メーデー宣言、メーデースローガンを全会一致で採択し、最後に梅田議長のガンバロー三唱で式典は終了しました。

つぎに、イベントとしてビンゴゲーム及び大抽選会を行いました。


今年も子ども枠の充実と、地元産品及び関連組織の支援に重点を置き、景品の選定を行いました。今後、より一層地元や関連組織の支援を目指した商品選定や、メーデー参加者を増やすための取り組みを行っていきたいと思います。

予定の時間は少しオーバーしましたが、正午ごろ無事全日程を終了することができました。


地域協議会ニュース