西部ブロック

広島地協「1000万署名のトライアル」を実施しました

投稿日:2014年7月20日 | カテゴリー:西部ブロック

7月20日、広島地協(議長:久光博智)は広島平和記念公園付近において、核兵器廃絶1000万署名のトライアル(練習)を実施しました。

このトライアルは、組合員・組合役員の世代交代等により署名活動を経験したことのない世代が増えたことや、備品の確認、また想定されるトラブルへの対処を確認するために実施したものです。

三役構成組織から集まった31名は、画板やポスター・チラシ・幟旗を手に、3名が一つのグループになって平和公園周辺に繰り出していきました。

最初は慣れない声だしに当惑していた組合員も、だんだんと大きな声で呼びかけできるようになり、世界各国から観光に訪れた外国人にも気軽に署名要請を行うことができるようになりました。

広島地協では今回の検証結果を基に、12月まで想定している取組みをスタートさせます。


地域協議会ニュース