連合広島ニュース

「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾全国統一行動を展開中!

投稿日:2015年5月27日 | カテゴリー:連合広島ニュース

連合では、各地で開催したメーデーを起点に「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾“全国統一行動”を展開しています。連合広島においても、各種集会や街頭行動などを通じ、現政権の暴走にストップをかけるべく精力的な取り組みを行っています。

5.27全国統一集会「連合広島集会」を開催

5月27日(木)、労働者保護ルールの改悪阻止に向け、全国統一集会が開催されました。この集会は東京のメイン会場と全国の地域会場をインターネットで結び、広島会場では約150人が参加しました。




採択された集会アピール(要旨)

○政府が国会に提出している労働者派遣法改正法案は、「派遣労働は臨時的・一時的に限る」との原則を実質的に撤廃し、均等待遇原則の導入を先送りす るものであり、“生涯派遣で低賃金”を増やす改悪法案である。若者たちから安定した雇用を奪うこの改悪法案の成立は断固阻止しなければならない。それが私 たち世代の責任である。

○新たな長時間労働を生み出すおそれのある「高度プロフェッショナル制度」の導入や裁量労働制の拡大が盛り込まれた労働基準法の改悪法案も国会に提 出されている。労働時間規制に抜け穴をつくり、労働者をさらなる過重労働へと追い込む改悪法案は、絶対に認めることはできない。政府は、過労死で毎年 100人以上が亡くなっている現実を直視し、“残業代ゼロより過労死ゼロ”を実現すべきだ。

○年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のガバナンス改革に係る課題についても進展していない。その結果、被保険者の意思が反映されないま ま、インフラ・不動産など運用対象の多様化が着々と進められている。労使をはじめとするステークホルダーの参画の下、合議制により意思決定する仕組みを早 急に構築すべきである。


県内各地で街頭行動を実施!

5月17日(日)、広島市内中心部で街頭演説とデモ行進を行いました。街頭演説で挨拶に立った石井会長は「今、国会では、派遣労働を大幅に拡大するための法案が審議されている。私たち連合には、派遣で働く方々から、「派遣で20年働いていたが、賃金が全然あがらないしボーナスも出ない」「派遣先から突然、明日から来なくてよいと言われた」「雇用不安で結婚もできない。住宅ローンも組めない」といった雇用の低処遇や不安定さを訴える相談が寄せられている。派遣労働は世界各国で行われているが、世界標準の2つのルールがある。1つ目は、派遣労働は「一時的な働き方」と位置づけ、より安定した正社員への転換を進めるというルール。2つ目は、派遣先の社員と同じ仕事をしている派遣社員は同じ賃金でなければならないという「均等待遇」のルールである。しかし、政府は、こうした「世界標準」とは全く違う方向を目指した法案を国会に提出した。つまり、派遣社員を一生派遣のまま働き続けられるようにするというものである。これは、今、働いている私たちだけの問題ではない。私たちの子どもや孫、今の高校生や大学生が社会人となる時には、正社員の求人は大幅に減り、就職先は雇用が不安定で低賃金の派遣会社が大部分という社会になりかねない。このような動きは、皆の力で絶対に食い止めなければならない。今こそ、地域から、職場から、怒りの声をあげよう」と訴えました。

地域協議会キャラン集中期間

県内の10地協でも、5月16日~22日を「地域協議会キャラバン集中期間」とし、街宣カーによる呼びかけやチラシ入りティッシュの街頭配布を行いました。

連合広島ニュース