連合広島ニュース

連合広島「議員懇談会総会・学習会」を開催しました

投稿日:2015年6月13日 | カテゴリー:連合広島ニュース

6月13日(月)、ワークピア広島において、連合広島「議員懇談総会・学習会」を開催し、推薦議員、構成組織、地域協議会より76名が出席しました。

総会では、構成議員の確認、役員体制、顧問の委嘱、2015年度活動方針などの全議案が満場一致で確認され、引き続き、働く者の立場にたった政策・制度の実現に全員で取り組むことを誓い合いました。なお、役員体制の要となる代表世話人については、広島県議会議員を勇退された芝清さんに替わり、新たに宮政利さん(広島県議会議員・呉市選挙区)が就任しました。


<確認された構成議員の内訳>

首長:9名、国会議員:2名、県議会議員:13名、市議会議員:35名、町議会議員:6名


学習会では、連合生活福祉局 平川則男局長から「当面する社会保障の課題」について、連合の考え方と地方議員に求める活動に関して講演を受けました。


【講演の要旨】

□子ども・子育て支援新制度への対応について

新制度への移行チェック、条例・予算チェック、保育士・幼稚園教諭の処遇 他

□医療提供体制・医療保険制度の見直しについて

病床機能報告制度・地域医療構想・都道府県計画のポイント、介護保険制度改革のポイント

医療保険制度改革に対する連合の考え方 他

□生活困窮者自立支援制度について

貧困・生活保護の実態、生活困窮者自立支援法の概要と取り組みのポイント 他



連合広島ニュース