連合広島ニュース

2015「平和行動in根室」に参加しました

投稿日:2015年9月14日 | カテゴリー:連合広島ニュース

連合平和4行動の最後の行動となる「2015平和行動in根室」が、9月12日(土)~13日(日)に開催され、連合広島からは、構成組織および地域協議会の代表12名が参加しました。

2日目に開催された「2015平和ノサップ集会」では、連合・神津事務局長から「日本固有の領土である北方四島は旧ソビエトによって不法に占拠されてから今年で70年が経過している。莫大な予算を投じ様々なインフラの整備や海外資本の導入、経済特区先行発展地域として開発を進めており、また北方領土における軍事力を強化するという表明も行っている。このような現状を打開するため、返還に向けた道筋を早期に見出し、より戦略的な外交交渉に向けて努力していくことを政府に強く求めていく。連合は粘り強くこの取り組みを継続していく。」と挨拶を行いました。

その後、元島民による訴えやピースフラッグリレー、集会アピールの採択などを行い、集会を終了しました。


連合広島ニュース