西部ブロック

広島地協~広島市に2015年度政策・制度要求を提出

投稿日:2015年12月22日 | カテゴリー:西部ブロック

広島地協は12月17日、広島市役所市長公室を訪問し、森本勝政策・制度委員長(自治労)から2015年度政策・制度要求を松井一實市長に手渡しました。

今年度の要求は全39項目で構成され、観光による地方創生や広島市における協同労働の在り方、ものづくり産業の競争力強化、女性の活躍促進に向けた取り組み等について提言をしています。

意見交換の場で松井市長は「来年度の政策の中にワークライフバランスを取り入れ、ディーセント・ワークのクオリティーをもっと高めていく。また労働者の福利厚生を充実させ、家庭の負担を軽減できる仕組みを作りたい」と述べられました。

広島地協では今後、広島市からの第一次回答を受け、委員会の場で論議しながら最終回答を待つこととしています。



要求書はこちらからご覧いただけます⇒  2015年度広島市に対する政策・制度要求



地域協議会ニュース