連合広島ニュース

衆議院広島3区・「塩村あやか」さんの推薦を決定

投稿日:2017年4月19日 | カテゴリー:連合広島ニュース

連合広島は、第17回執行委員会(4/19)で、次期衆議院選挙「広島3区」の民進党公認候補予定者である『塩村あやか』さんの推薦を決定しました。



【プロフィール】

○広島県福山市生まれ、共立女子短期大学卒業

○オーストラリアン・スクール・オブ・ホスピタリティ・アンド・ホテル・ビジネスに留学

○放送作家としてテレビ・ラジオ番組を手がける

○東京都議会議員(1期)

○民進党広島県第3区総支部長、民進党広島県連副代表








<塩村あやかの決意表明>

わが国はグローバル化や新自由主義政策が「格差社会」を加速させ、正規と非正規労働者の格差を生みました。この影響から経済は低迷し、今なおデフレに苦しめられています。この問題は「働く」ということが蔑ろにされてきた結果だと思います。生活の基本は雇用です。安心して働き、収入を得てこそ、生活の基盤が成り立ちます。いま必要なのは「まっとうな雇用」であり、雇用と社会保障の安心を国民が感じることができれば、「強く、優しい、日本」をつくることができます。

「1強」の政治は、建設的な議論ができなくなることから「政治は数で対峙する」ことが必要で、野党第一党の民進党にはその役割が求められます。働く人を守り、「働くことを軸とする安心社会の実現」に向け、民進党の一員として活動していきます。よろしくお願いいたします。




既に推薦決定している候補予定者

【広島2区】

松本大輔

(まつもとだいすけ)

【広島4区】

恵飛須圭二

(えびすけいじ)

【広島7区】

佐藤広典

(さとうひろのり)

連合広島ニュース