連合広島ニュース

広島県へ医療用器材を贈呈しました

新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中、医療・介護・福祉現場に携わる方々に心からの敬意と感謝を申し上げます。
今、医療・介護・福祉現場において、必要な器材が不足している現状が報道されています。
このような状況を踏まえ、連合広島はマスク、ゴーグル、レインコートなどの医療器材を5月1日に広島県へ贈呈しました。
引き続き連合広島は、過酷な状況の中、昼夜を問わず奮闘されている医療・介護・福祉の現場で働かれている皆さまに感謝のメッセージを発信するとともに、感染予防にむけた一人ひとりの行動規範を訴えていきます。

【贈呈器材】 マスク約1,100枚、ゴーグル約100個、レインコートなど

○『密閉・密集・密接』を避けましょう!!
○『手洗い、咳エチケット、換気』に気をつけましょう!!